クルマを買い取ってもらう際や、所有車の売却の時も印鑑証明がなければなりません。この印鑑証明という書類について解説しましょう。印鑑証明とは実印で間違いないということを保証する目的を持つ書類です。これがなければ使っている印鑑が実印であるという事実が証明できません。個人にとっては相当高額な商談になる愛車の売却ですからどうしても実印が必要ですが、それと同時に印鑑証明というものが必要となるのです。役所で印鑑証明を発行するには、あらかじめ印鑑証明しておかなければなりません。登録する印鑑は通称、実印と呼ばれ世界で唯一の判子である必要があります。この印を手配して近所の役場の担当部署へいけば印鑑登録をすることができます。印鑑登録をすれば、印鑑登録カードなるものを発行してもらえて、登録が完了した印鑑は実印として認められたということになります。印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を交付してもらうには役場の窓口へ行き専用の用紙に必要項目を埋めて印鑑登録カードを持って行くだけです。そして、自動交付機で交付することができます。印鑑証明には有効期限などはないのです。ですので、どれだけ前の印鑑証明であっても効力は消えないのです。しかしクルマ売却の際は必要となる印鑑証明は現在より3ヶ月以内に発行されたものが有効とされています。通常は有効期限の定めはないのですが、自動車の売却の時は、店側が有効期限を定めていますのでもしも愛車の買い取りの予定があるのであれば、売却前に準備しておくとよいでしょう。